スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年 アルゼンチン共和国杯 回顧

外枠が響いたか

2着 無アドマイヤラクティ 最終追い切りのタイムも良く、長距離レースでの実績もあったが外枠を引きすぎたと思ってこの馬の評価を下げた。それでも2着まで持ってこれたのは、実力がある証拠。レース後の騎手談でも実力があることを言っている(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131104-00000040-spnannex-horse)。
 次走はJCらしいがJCでは少し厳しいレースになるかもしれない。しかしGⅡクラスなら積極的に狙っていきたいと思う。

6着 ▲デスペラード 馬体重が減っている点が気になっていたが当日はプラス6キロで出てきた。欲を言うともう少し増えてて欲しかった。次走はステイヤーズSで多少人気になると思うが馬体重には注目しておきたい。

7着 ◎エックスマーク 直線で前が詰まったのが痛かった。今回は負けたが重賞勝てる力くらいはあると思うので次走もチェックしていきたい。
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


訪問者数

プロフィール

名も無き会社員A

Author:名も無き会社員A
小学校の時に友達から借りた「ダビスタ」をやって以来、競馬に魅了されて10数年。大学では、下宿先から近かったこともあり、毎年有馬記念を生観戦。2007年、マツリダゴッホ‐ダイワスカーレットの馬連を的中させてからはさらに競馬に没頭する。そして、社会人になった今もその競馬熱は冷めずにいる。


調教、適性を中心に予想を組み立て、基本的に点数少なめで勝負します。

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。